ヨガはダイエットに効果あり?ヨガをしながら痩せること


ヨガにはさまざまな効果があると思いますが、その中でもダイエットのためにヨガを取り入れよう!という方もいらっしゃると思います。
しかし、私の中ではヨガを取り入られただけでは痩せないのでは…!と思うところが多かったです。
私は2017年の05月頃からヨガを初めて、もう少しで1年になりますが、ヨガ+食生活を気をつけて7kgの減量、体脂肪率も5%落ちました。

そのヨガをやる前は7kgのランを週でやっていましたが、体型も体脂肪もまったく変わらなかったのです。
運動の周期はまったく一緒です。
ヨガ:週3-2日(平日の仕事終わり)
ラン:週3-2日(平日の仕事終わり)

もちろん、痩せるために走ることも、とヨガを行うこともご自身のライフスタイルやお金によって変化させるものなので、
「ヨガがよくてランはダメ」「ヨガをやったから痩せた!」と申し上げたいわけではありません。

ランをやっていたときとヨガをやっていた時の違いは、そう。「食事に気を付けたか、気を付けなかったか」という差がありました。
ダイエットを行うにあたって運動の種類は、ヨガであろうが、ランであろうが(有酸素運動)であればスタイルに合ったもので良いと思っていますが、
ダイエット目的でヨガ(やラン)を行うなら、併せて「食事の管理」も大事だと思うのです。

では、どのように食事を気を使うべきか?
今回はヨガやほかの運動と平行して、食事をどのように管理したら痩せたのか、実体験をつづりたいと思います。

ダイエットのその前に!体を作る3要素をバランス良くとる

いわゆるPFCバランスをしっかり保った食事制限を私は緩く守っていました。
PFCバランスとは・・・
タンパク質
脂質
糖質

三大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質の3gつの摂取量のバランスです。
こちらの三大栄養素はどれかが欠けてもダメだし、どれかが著しく多く摂取されるのもよくありません。

1日に必要なカロリーは必ず採る
あまり運動をしない女性であれば1500kcolは摂取した方が良いと思います。
生活する上で必要なカロリーを摂取していないと綺麗に痩せないどころか、体調を崩してしまったりいわゆる不健康な
状態で痩せてしまいます。

*詳細なPFCバランスとカロリーの計算方法などは別途記載いたします。

上記の制限内であれば、ヨガを多少サボってもチョコレートを食べても大丈夫!
ダイエットでは、「運動」を意識しがちですが、実はそれ以上に食生活の方が重要なようで、
プロのアスリートやモデルで体を引き締め方々も運動ももちろんですがそれ以上に食生活にこだわるようです。
ぜひ、ヨガと一緒に食生活も少し見直してみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です